クリニックの環境でレーシックの失敗例


クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2014/10/29


減量する方法として、
ランニングやウォーキングから始める人も多いのではないでしょうか。

当然ではありますが、
ランニングやウォーキングは、減量に効果的です。
どちらがより効果的かというと、
同じ時間の体操でも体操量が多い、ランニングですね。

しかし、
連日十分ランニングするのと
十分ウォーキングするのでは、
どちらが継続すると思いますか?

連日するとなると、
ウォーキングの方が継続しそうですよね。

また、普段あまり体操をしない人が、
いきなりランニングをすると、
ヒザなどに故障が起きることもあります。

なので、
まずはウォーキングから始めて、
徐々に距離や時間を伸ばし、体操に慣れてきたら、
ランニングに移行するのが良いと思います。

もちろん、
ウォーキングも減量に向いている体操です。

ただし、ダラダラ歩くのではなく、
背筋を伸ばしてキビキビと歩いかないと、
減量効果は薄いみたいですよ!

ゆっくりウォーキングする場合でも、
正しい姿勢で歩かなければ、
足や腰に負担をかけてしまうだけなので、注意しましょう。

さらに減量効果を上げたいなら、
エクササイズウォーキングがお勧めです。

エクササイズウォーキングは、
腕を大きく振り、歩幅も大きく広くして、早足で歩くというものです。

これだと全身の筋肉を使うことになるため、
消費カロリーも多くなります。

減量を長く続けるためには、
ウェアやシューズ、水分補給するためのボトルなどを
用意するといいかもしれませんね。

特に、足に合ったシューズと水分補給は大切ですよ!




- 注目サイト一覧 -

NP後払いドットコム
NP後払いはここ
URL:http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/NP%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88